こんなクラシックみたことない!
スギテツ
クラシックを遊ぶ音楽実験室

スギテツ

笑って学ぼう!! クラシックを遊ぶ音楽実験室!
聴くだけじゃなくて観て、感じて、楽しいスギテツワールドが全開!

本格派のクラシック演奏者が愉快にアレンジ演奏をしてくれます。子どもたちが興味を持っている曲とクラシックを融合させるなど、ワクワクが止まりません。
軽快なトークで場を楽しませるのも彼らの特技です。さぁ、ユーモアあふれる『スギテツ』ワールドをお楽しみください。

NHK for School「おんがくブラボー」で大人気!

この公演のココが見どころ!

生演奏の迫力とエンタメ性を併せた、おもしろクラシック!

楽器の特性や音楽記号なども楽しみながら学べるプログラム!

楽器ものまねを通して学ぶ、さまざまな演奏法!

映像と生演奏をシンクロしたスペシャルコーナー!

スギテツ
注目ポイント!

アンサンブルバージョン

スギテツの2人組とヴァイオリンヴィオラチェロの3名を加えた、計5名で豪華なアンサンブル演奏をお楽しみいただけます。

スギテツ
スギテツ
スギテツ

難しそうな音符も演奏に合わせて簡単に学べます。
軽快なトークに合わせた公演内容は、楽しい音楽の授業のようにも感じられます。

スギテツ

子どもたちが興味があるゲーム音楽やアニメを使いクラシックアレンジを楽しんでいただけます。
大人から子どもたちまで満足のいく内容です。

スギテツ

生演奏の迫力とエンタメ性を併せ持つステージは、眠くなりがちな通常のクラシックの学校公演とは一線を画す、独創性に満ちたプログラムです。

音楽の授業ともリンクさせて楽器の特性や音楽記号、音楽理論なども楽しみながら学べるプログラムが中心ですが、日本史など他教科の要素を取り入れることも可能です。
さらに各地のプロ奏者によるアンサンブル、オーケストラや様々な楽器のゲストを迎えたバージョンや学生とのコラボなど、ミニマムな編成ならではのフレキシブルな機動力で、ニーズに合わせた形でステージを構成致します。

主な演奏プログラム

「冗談クラシック」コーナー

クラシックの名曲をおなじみのメロディと混ぜ合わせ、軽快なトークと小道具を使った楽しい演出を交えて演奏します。

「音楽実験室」コーナー

白衣を身に纏った二人が、学校の授業では習えない独自の音楽講座を展開。

「擬音で遊ぼう!」コーナー

パトカー・救急車・鉄道・動物など、さまざまな環境音をヴァイオリンを使って表現。ボケとツッコミを交えたお笑いライブのようなユニークなパフォーマンスで、場内は驚きと笑いの渦に包まれます。

※より楽しんでいただくために、映像を使った演出を取り入れています。

スギテツ
学生・部活・サークル

プロと貴重な体験!コラボレーション企画
スギテツと学生・地元アマチュアサークルとのコラボも大人気!

吹奏楽部や合唱部と楽しくセッション!

校歌や応援歌、リクエスト曲をアレンジ演奏します!

地元サークルや自主事業イベントで地域活性

コラボポイント
事前に演奏曲のスコアを用意することにより、生徒の皆さんとリハーサルに時間をかけずに共演ができます。

オプション

「校歌オリジナルCD」プレゼント!
「校歌」のクラシカルアレンジ版の音源を、後日CD-Rにして贈呈させていただきます。学校行事等にぜひご活用ください。
スギテツ
みんなの声

ヴァイオリンで日常の生活音や街の様々な音が出せる事にビックリしました。難しく思っていた楽器が、親近感を感じる物へと変わりました。高校生

プロのアーティストは怖い感じがしていましたが、今回の演奏やトークを聞いて面白い人たちだと思いました。もっと、聞きたかった。小学生

吹奏楽の人たちと楽しくセッションをしているのを見て、自分もやってみたいと思いました。高校生

クラシック音楽は難しく、子どもたちに受け入れられるかが心配でしたが、全くの思い込みだと反省しました。音楽という素晴らしい世界は、年齢を問わず楽しめる物だと痛感致しました。教員

スギテツ プロフィール

超絶的かつ独自性溢れる奏法を生み出すヴァイオリンの「腕」と、類まれなる編曲術を編み出す「耳」のタッグはやがて化学反応を起こし、音楽とエンターテイメントの世界を縦横無尽に行き来する独自の活動へと発展。東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団などのプロオーケストラの共演から、なんばグランド花月などエンターテイメントのステージまで、その振り幅は限りなく広い。

メディアへの出演も多く、2014年1月には「題名のない音楽会」にも出演し、「もう一度見たいリクエスト」で2位を獲得する他、2015年10月よりNHK Eテレの小学生向け音楽教育番組「おんがくブラボー」にレギュラー出演、次世代に楽しく音楽を伝える役割も担い始めている。

また、鉄道好きとしても知られ、JR東海「リニア・鉄道館」CM曲などに起用されるほか、鉄道をテーマとしたラジオ番組「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」(FM NACK5)ではパーソナリティーも務め、2012年日本民間放送連盟ラジオエンターテイメント部門で優秀賞を受賞。

2014年年10月にリリースした東海道新幹線50周年記念アルバム「走れ!夢の超特急楽団」が「第56回 輝く!日本レコード大賞 企画賞」を受賞する。

“クラシックで笑顔を創る” デュオとして、年間100本を超えるステージを全国各地で展開している。

岡田 鉄平

ヴァイオリン:岡田 鉄平

福岡県行橋市出身。4歳よりヴァイオリンを始める。

桐朋高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏科卒業後、同大学研究科修了。

長江杯国際音楽コンクール第1位ほか、多数のコンクール入賞後、数々の楽団にソリストとして出演する他、ヤマハメソッドのお手本CDなど、レコーディングの実績も数多い。

2015年7月には、自身の超絶技巧を駆使し、サラサーテやパガニーニなどの難曲に挑んだクラシック・ソロアルバムをキングレコードよりリリース。併せて全国ツアーを開催し、各地で好評を得る。

現在、ソロ、室内楽、アンサンブルなど、さまざまな分野で活躍中。

杉浦 哲郎

ピアノ・作編曲:杉浦 哲郎

名古屋市出身。4歳よりピアノを始める。

法政大学社会学部在学中より音楽業界に関わり、アレンジャー・コンポーザーとして、さまざまなジャンルで活動中。

これまでに100本以上のCM音楽を手掛ける他、JR東海、JR四国、東急、嵯峨野観光鉄道など鉄道関連の楽曲提供、「劇団 ワハハ本舗」の舞台音楽、「セントレア空港音楽祭」の監修、FM NACK5「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」メインパーソナリティ、雑誌のコラム執筆など、振り幅の広いクリエイターでもある。

近年では、企画からプロデュースまで全てを担ったアルバム「走れ!夢の超特急楽団」が日本レコード大賞企画賞を受賞、NHK-Eテレの音楽教育番組「おんがくブラボー」では出演の他、編曲・演出面にも携わっている。

主なメディア出演歴

テレビ東京 「たけしの誰でもピカソ」「ワナゴナ」
テレビ朝日 「ミュージック・ステーション」
BSフジ 「NOTHING CLASSIC BUT MOZART」
BSジャパン 「未来図鑑」
NHK総合 「さらさらサラダ」「福岡いちばん星」
中京テレビ 「芸能界鉄道研究会 鉄研」
NHK-FM 「サタデーホットリクエスト」「今日も一日鉄道三昧」
J-WAVE 「Classy Cafe」「TOMMOROW」
NHK第一 「小堺一機の世の中面白研究所」
TBSラジオ 「大沢悠里のゆうゆうワイド」「唐沢俊一のポケット」

Biography

2004~ 偉大なる作曲家ながら、冗談音楽の元祖とも言われるアマデウス・モーツァルト。その意志を勝手に受け継ぐべく... と言うよりは、お互いにお笑い好きだったことから意気投合。「杉ちゃん&鉄平」という冗談のようなユニット名で、冗談クラシックユニットを半ば冗談で結成。「ハトヤのカルメン幻想曲」「犬のおまわりさんの運命」といった ”冗談クラシック” 作品を生み出し、ライブ活動をスタートさせる。

TV「たけしの誰でもピカソ」出演を機にミニアルバムをリリース。翌年には「剣のずいずいずっころばし」「美しき青きドナウ河のさざなみ殺人事件」などを収録したフルアルバム「マジカル・ミステリー・クラシック」でメジャー・デビュー。

2007~ それぞれの趣味「鉄道」をテーマにしたアルバム「電クラ」(電車+クラシック)をリリース。駅のメロディとバッハの名曲を融合した「山手線上のアリア」が、TV「ミュージック・ステーション」で紹介されるなど話題を呼ぶ。

電車の車内コンサート、芝居への出演などのユニークな活動を重ねる他、管弦楽・吹奏楽とのコラボや、バンド編成によるライブなどもこの頃からスタートさせている。

2010 吉本興業の劇場「品川よしもとプリンスシアター」に約1年間レギュラー出演。 ピース、ブラックマヨネーズなどの芸人に交じり毎回トリを務め上げ、後に音楽家としては異例の「なんばグランド花月」への出演へと発展させる。

朗読DVD「平家物語」や、「フィギュアスケート全日本選手権」の音楽に起用される。

2011 東日本大震災後、すぐにチャリティイベントを開催、音楽を通した支援活動は現在も継続させている。

FM NACK5にて、初のレギュラー番組「スギテツの GRAND NACK RAILROAD」がスタート、後に日本民間放送連盟ラジオエンターテイメント部門で優秀賞を受賞。

高嶋ちさ子さん主宰による「めざましクラシックス」、東京フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会と、たて続けにゲスト共演。プロ・アマ問わず純クラシックの世界からもラブコールを受け始める。

2012 デュオの名を「スギテツ(SUGITETSU)」に改称、杉浦が地元の名古屋にてマネジメントオフィスを設立し、新体制となる。

NHKナゴヤニューイヤーコンサートに出演し、名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演(以降、毎年レギュラー出演中)。

鉄道会社とのタイアップ作品を含むアルバム「SUGITETSU EXPRESS」をリリース、「日本三大鉄道博物館ツアー」を開催。

JR 東海「リニア・鉄道館」CM音楽、「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」大会テーマ曲に起用される。

2013 東京フィルハーモニー交響楽団との共演によるベストアルバム「スギテツ・アカデミカ」リリース、アマゾンクラシックランキング第1位を記録。

全国13箇所でツアーを開催。次世代に音楽の楽しさを伝えるべく、各地の学生オーケストラや吹奏楽とのコラボレーションを交えたユニークな演出で好評を得る。

2014 「題名のない音楽会」に初出演、「もう1度見たいリクエスト」で2位を獲得するなど、大きな反響を得る。

夏休みワークショップツアー、津軽三味線奏者浅野祥とのコラボ「サムライクラシック」など、新たな試みもスタート。

東海道新幹線50周年トリビュートアルバム「走れ!夢の超特急楽団」が、「第56回 輝く!日本レコード大賞 企画賞」を受賞。

and SUGITETSU goes on…

公演時間

約90分

対象年齢

カテゴリー
クラシック