サンドアートパフォーマンス
SILT(シルト)

SILT(シルト)

変化していく砂で描く絵によって生まれ出す物語!
命の宿った砂…陰影の濃淡だけで描かれていくストーリー。

世界初の複数名によるサンドアートパフォーマンスのスタイルを確立した「SILT(シルト)」。国内外を問わず数多くのプロモーション映像やパフォーマンスでも活躍し、高い評価と賞賛が寄せられています。テレビ等でも多数取り上げられる、今注目のアートパフォーマンスです。

嵐、AAA のコンサート用映像や日本レコード大賞のTVCMを制作するなど人気アーティストからも大注目!

この公演のココが見どころ!

サンドアートパフォーマンスとは手や指、腕を用いて描いた砂絵を逆光に照らして撮影し、場面転換により一つのストーリーを作り上げる、砂の陰影の濃淡だけで描かれたこれまでになかった映像表現。数々のテレビCMや音楽プロモーション、コンサート、記念式典などのサンドアート映像制作を手掛け、TV番組では著名人へのサンドアート指導やライブパフォーマンスなどを行っている。
「鳥取砂丘コナン空港愛称化1周年記念イベント」や「京都・東山花灯路-2016」でのライブ公演をはじめ、サンドアートパフォーマンス教室の開催や、サンドアートの絵本、砂絵作品が切り替わる時計アプリ、プロジェクションマッピングとサンドアートの融合作品の制作など、今もなお新しい試みを続けている。

SILT(シルト)
注目ポイント!

音楽に合わせて次々と展開するサンドアート(砂絵)パフォーマンス。ラブストーリーや親子の愛情、時には日本の景色の移り変わりや昔話など、まるで絵本の世界に飛び込んだようにストーリーが進んでいく…。これまでになかった新感覚のステージを!

SILT(シルト)
SILT(シルト)
SILT(シルト)

ワークショップ体験!

アーティストに教わって貴重な体験をしよう!

観客のみなさんが実際にサンドアートを体験できます。

SILT(シルト)
SILT(シルト)

生演奏とコラボも可能で、サンドアートの世界を壮大に演出します。次々と変化していく砂で描く絵によって、様々なストーリーを生み出す技は必見です。

SILT(シルト)プロフィール

サンドアートは逆光に照らされた砂の陰影の濃淡だけで描かれた、階調の深さと粒子感が魅力の絵画表現です。近年、絵の動きとメタモルフォーゼを取り入れたパフォーマンスアートへと昇華され、世界で注目が集まっています。リーダーの船本恵太は、2012年2月5日にサンドアートパフォーマンスグループ「SILT-シルト-」を結成し、世界初の複数名によるサンドアートパフォーマンスのスタイルを確立しました。2012年4月には、世界初となるサンドアートパフォーマンス教室を開校。

SILT 船本恵太

経歴紹介(一部)

  • 嵐フェス’13において、嵐の相葉雅紀さんに指導、共にパフォーマンス。
  • 米国のA Great Big World のグラミー賞受賞曲「Say Something」のPV作成。
  • AAAの10周年記念全国アリーナツアー用の映像を提供。
  • UVERworld の京セラドーム公演用映像、plentyの全国ツアー用映像、U-Kissの全国ツアー用映像等、数多くの音楽アーティストにサンドアートを提供。
  • TBS「火曜曲!」に出演し、RAMWIREとスペシャルコラボ、日テレ「シューイチ」ではKAT-TUNの中丸雄一さんにサンドアートを指導。約40回を超えるTV出演。
  • ブルガリジャパンによる、東日本大震災の被害にあった子どもたちへの救済支援活動「Save the Children」のサンドアート映像を制作。
  • 高野山開創1200年記念の高野山大学での田中健さんのライブにパフォーマンスとして出演。
  • 夏目漱石の名作「こころ」誕生100周年にサンドアートで表現したTV番組が、衛星放送協会オリジナル番組アワードにてオリジナル番組賞バラエティ番組部門最奨励賞を受賞。

公演時間

約90分

対象年齢

カテゴリー
パフォーマンス