前川裕美
トーク&ピアノコンサート

maekawa

夢見る力を信じて ~ともに生きる未来へ~

徐々に視力を失っていく中で、たくさんの困難に真正面から向き合い、日本とアメリカでの様々な出会いと経験を通して

夢に向かってひたむきに努力を続けることの大切さ
幸せになることを決してあきらめない心の強さ
自分の未来と可能性を信じること
勇気を持って行動すること
の人の良いところと自分の違いを認め合うこと
そして人に対する思いやりと感謝の心

など、これまで私が学んできたことをわかりやすいお話と心に響く音楽でお伝えします。

3歳で音楽と出会い、大好きな音楽とともに歩み続けてきた。
目が不自由でも、私には音楽がある。
音楽は作曲家や演奏家の内面を映し出す鏡

私は大好きな音楽を通じて、今まで経験してきた楽しいことや辛いこと・・・・
多くの人に聴いて欲しいのです。

障害を持つひとも、そうでないひとも
夢を失わず、幸せになることをあきらめず
自分の可能性と未来を信じて生きていこうよ
歌とピアノとトークを通じて、私からのメッセージを伝えます。

プロフィール

3歳で音楽と出会い6歳で作曲を始める。

小学校5年生のときに網膜色素変性症と診断され徐々に視力・視野を失っていくが中学1年生からクラシックの作曲理論を学び始め、高校の音楽科(作曲専攻)に進学後は様々なジャンルの音楽に触れ特に映画音楽とミュージカルに興味を持ち舞台にも出演する。

高校卒業後、単身アメリカに渡りテキサス州にて10ヶ月間語学を主に学ぶ。その後、ミシガン州にある Leader Dogs for the Blind(盲導犬訓練施設)にて盲導犬グレースと出会う。1ヶ月間の共同訓練を経てマサチューセッツ州ボストンにあるバークリー音楽大学でさらに作曲・編曲・声楽・ピアノを学び6年間の留学生活を終える。

2004年より全国各地でトーク&コンサート活動を続け、人々に夢と希望をお届けしたいと奮闘中。

2005年5月に東京で開催された「第2回ゴールドコンサート」にて総合グランプリを受賞。

2006年10月東京国際フォーラムで開催された「第3回ゴールドコンサート」のゲスト演奏では雅楽師の東儀秀樹氏と共演。

同年10月「第6回全国障害者スポーツ大会のじぎく兵庫大会」の開会式でオリジナル曲を披露した。

2007年8月には読売テレビ(日本テレビ系列)「24時間テレビ30・愛は地球を救う『人生が変わる瞬間』」の「障害を乗り越えて」に出演。

2009年2月株式会社Grace Noteを設立。代表取締役に就任。同年10月26日盲導犬グレース、天国へ。

2010年9月 中国上海市、上海盲童学校で開かれた「日中韓 視覚障害者交流音楽祭」に日本代表として出演。

同年10月30日よりオリジナルCD「ねがい」を販売開始。

2011年2月 アメリカカリフォルニア州にて、トーク&コンサートを開催。

その他 新聞掲載 ラジオ テレビに多数出演。

プログラム例

  • さんぽ(となりのトトロ)
  • ねがい(オリジナル曲)
  • おぼろ月夜
  • ふるさと
  • 荒城の月
  • いそしぎ
  • ムーンリバー
  • 虹の彼方に
  • イパネマの娘

お話し⇒歌⇒お話し⇒歌の繰り返しで90分を進めていきます。
90分のうち5~6曲をうたいます。

幼い頃から徐々に視力を失っていく中、たくさんの困難に向き合いながらも日本やアメリカで学んできた事を、分かりやすいお話と心に響く音楽でお伝えします。

観た・聴いた

大変な苦労と努力をして夢をかなえた前川さんの生き方に感動しました。

盲導犬グレースとの出会いと死別のお話しに感動しました。ピアノの綺麗な旋律と一緒に心に残りました。

公演時間

約90分

Category
トーク&コンサート, 音楽