大迫力和太鼓♪
東京打撃団

dagekidan

東京打撃団は、プロデューサー平沼仁一(1980年『佐渡國 鬼太鼓座』入座。81~91年『鼓童』在籍。)を代表として1995年に結成された和太鼓音楽集団です。形式やスタイルにとらわれない新しい感性によって、「太鼓」の持つ可能性を追求し、太鼓アンサンブルの魅力あふれるステージを展開しています。

演奏活動としては、国立劇場の「日本の太鼓」公演を始め、各太鼓フェスティバル、全国公立文化施設の主催事業、高等学校芸術鑑賞会、イベントへの出演のほか、エンターテイメント・パフォーマンス・ショウ「ザ・コンボイ・ショウ」及びダンスグループ「バグズ・アンダーグループ」への太鼓指導や、窪塚洋介主演の東映映画「凶気の桜」、妻夫木聡・柴咲コウ主演の東映映画「どろろ」への出演、また07年三池崇史演出/哀川翔主演の舞台「座頭市」の劇中音楽に参加するなど、確実に活動の場を拡げてきています。

国内の活動に加えて、1998年には、国際交流基金主催による1ヶ月間のフランス・アフリカツアーの他、世界のビックイベント「 FIFA ワールドカップ・フランス大会閉会式」にて、次期開催国の代表として演奏を披露しました。2000年夏には、イギリスを中心とした1ヶ月間のヨーロッパツアー(ベルギー/フィンランド)及びハノーバーEXPO2000(ドイツ)の JAPAN DAY 公式催事にも参加しております。

また、2003年「ロシアにおける日本文化フェスティバル2003」公式オープニング催事としてのモスクワ及びサンクトペテルブルグ公演や2004年カリブ諸国ツアー(ユニット「小太郎」。バルバドス/キューバ/ドミニカ共和国)、2007年東南アジア・ツアー(「炎太鼓」とのジョイント公演。タイ/マレーシア/ブルネイ)を行うなど国内外で躍進中です。

高い演奏技術に裏打ちされた音楽性と、力強く、楽しい舞台を目指しています。

劇中音楽まで奏でる和太鼓集団!

観た・聴いた

和太鼓というと祭りのイメージでしたが、今回チームの演奏を聴いて、180度見方が変わりました。

1つの曲が、様々な楽器で奏でられているようでした。

映画『どろろ』にも出演していると聞いて、柴咲コウのこづつみのような太鼓しか思い浮かびませんでしたが、実際に聴いて思い出し、生で聴けた事が嬉しかったです。

公演時間

約90分

Category
おすすめ日本の伝統音楽, 日本の伝統音楽, 音楽&伝統芸能